ウォーターサーバーをコストから探す時の注意点

バナー

ウォーターサーバーをコストから探す時の注意点

ウォーターサーバーにはさまざまな種類があり水の種類によって決めてしまう人が多いのですが、コスト面からお得なものを探してみましょう。

ウォーターサーバーの料金は主に機器のレンタル代、水の価格、宅配料金やメンテナンス料金だけで考えてしまいがちですが、その他に毎日自宅でウォーターサーバーを使っている間の電気代もコストとして必要になってきます。

コスト面でお得なウォーターサーバーを選びたい場合には電気代のこともきちんと考えておくべきです。



電気代は冷水と温水の両方を出せるタイプの場合には1カ月1000円~1500円ほどかかってしまうと言われています。

高いと感じるかもしれませんが、一般的な電気ポットを冬の間つけていると大体1カ月1000円ほどの電気代がかかると言われていますので、冷水と温水の両方を出せるタイプならば電気ポットだけを利用しているよりも安いと言えます。



近頃では電気代もウォーターサーバーを選択する際の重要なポイントとなっているため、夜間などの利用することがあまりない時間帯には省エネに自動的に切り替わるタイプも出てきています。



省エネモードやエコモードがついているタイプの電気代は安くなりつつあり、1カ月で330円ほどという低価格のタイプも登場してきています。

水の種類なども選び方の重要なポイントとなりますが、利用を続ける限り必要となってくる電気代のことも考えてから選ぶことで、もっとお得な利用ができるようになるのです。