ウォーターサーバーに使われている水の違い

バナー

ウォーターサーバーに使われている水の違い

天然水とRO水の2種類が、ウォーターサーバーで使われている水です。天然水はお店でも扱っていますが、RO水はあまり聞いたことがないものです。

天然水はミネラルウォーター、ナチュラルミネラルウォーター、ナチュラルウォーターの3種類に分けられます。
ミネラルウォーターはミネラルが溶け出た水をくみ上げて、ろ過、沈殿、加熱殺菌といった処理を行い、複数の減衰をブレンドしている水です。


さらにオゾン殺菌や紫外線殺菌なども施しています。


ナチュラルミネラルウォーターは日本でよく販売されている水で、ナチュラルウォーターと似ていますが、オゾン殺菌や紫外線殺菌はしていません。

なので、自然な水の味が残っています。



ナチュラルウォーターはミネラル分が溶け込んでない水です。もしくは微量で、ろ過、沈殿、加熱殺菌のみを施しています。ミネラル分が含まれていないので、硬度が低くまろやかな飲み心地です。これに対して、RO水のウォーターサーバーの水は、水をRO膜という超微細フィルターでろ過して不純物を取り除いた水です。
汚れ、ウィルス、ダイオキシンなどの目に見えない有害物質まで取り除いています。

水の安全性が高く、セシウムや放射性物質まで取り除いているので安心です。



ただし、RO水はミネラル分まで取り除いてしまうので、味わいとしてはミネラルウォーターのほうが上です。
水の味にこだわりたいという人はミネラルウォーターが適しています。



安全性にこだわりたいのであれば、RO水使用のウォーターサーバーが良いでしょう。