ウォーターサーバーは何が良かったのか

バナー

ウォーターサーバーは何が良かったのか

ウォーターサーバーが昨今急激に普及したのは皆が知るところですが、何が良かったのかというと、仕組みを作ったことが良かったと考えられます。

ウォーターサーバーの装置自体は簡単なもので新しい技術でも何でもありません。



目新しいものでも何でもないでしょう。


ただの水の貯蔵装置といってしまえばそれまでです。

ですが、この装置と宅配システムをセットで販売したことで、大きな魅力が出てくることになったのです。


このセット販売というのが大きなポイントです。

セット販売とすることでウォーターサーバーのサービスは大きく質がよくなりました。

水は安くなり、安定して美味しい水を届けることが出来るようになったのです。

水はとても重たいもので、持ち運びに不便だったことから、この宅配というのはとてもすごいサービスだということに気が付いたわけです。

しかも、宅配システムとしたことで、業者は安定した受注を獲得することが出来るようになり、これが価格の下落を導くことになりました。



いってみると好循環が始まったということです。

これにより、さらに多くの業者が参入することになり、さらなる価格下落をもたらすことになり、それがさらなる利用者の増加に結びつくということで一大ブームのような状況となりました。



これが、ウォーターサーバーの成功要因といえるでしょう。

単に装置だけは販売するのではなく、宅配システムとのセット販売としたということが大きな意味を持つこととなったのです。