がん検診で病気が無いかチェック

がん検診を受ける事で、身体のどこかに腫瘍などが発生していないか調べることができます。

ガンは何の前触れもなく突然腫瘍として病巣を作り始めます。

最初は目に見えない小さいサイズですが、徐々に細胞分裂を繰り返していきます。

1センチを超えると急激に増殖をし始めます。



1センチで見つかったガンは早期発見と言えます。


浸潤していない可能性もある段階です。
自覚症状がガンは無いので、見つけるためにはがん検診しかありません。がん検診では、ガンのサイズが5ミリで発見することができます。
かなり初期の段階なので、部位によっては内視鏡で手術をして、その後も抗がん剤を利用した化学療法をしないで済むケースもあります。
早い段階で病気を見つけて治療を開始することが大切です。



がん検診は、ご夫婦で受けられる人達が多くなっています。

健康状態に不安のある方や、過去にガンになった経験があり、再発や遠隔転移をしていないかをチェックするためにも有効的です。

個人の病歴や健康状態や年齢によって変わってしまいますが、出来る限り1年から3年に一度はがん検診を受けるようにしておくことが大切です。
病気などから生活を防衛するための手段です。



年齢的には、近年の日本では若年性のガン患者が多くなっています。

30歳を過ぎたら定期的に受診をしておくのが良いです。

検査を受けて病気がなにも無ければ安心することができます。

毎日の暮らしから不安を取り除くことができます。